bit

海外切手の値段の種類

海外切手の値段の種類
タイから送られてきた手紙の料金別納の印。郵便料金がわからないとこうなってしまう。
そろそろ暑中見舞いの時期。普段から知人にはがきや手紙を送ることも多い私は、先日50、80円切手をごっそり買ってきた。相当、変わった封書やはがきでない限りこれで事足りるだろうと。

しかし切手の値段って種類が多いうえに、郵便料金の仕組みも細かい。1、3、5……90、100……500、1000円(約20種類)と日本にあるものでも切手の種類は多すぎるほど。その中でも実際に普段よく使うものは限られてくる。重量やサイズによっては金額も変わってくるが、こんなに切手の種類があるのは日本だけ?

まずはアメリカの郵便局によると、1、3、4……41、42、44セント……5、15ドル、約20種類とやはりその数は多い。アメリカでは国内郵便ではいわゆる普通サイズであればハガキが28セント(約27円)、手紙が44セント(約42円)と日本よりも安いが、日本同様あまり利用されない切手は多いようだ。
「郵便料金は価格変動が頻繁にあるので、その際には1、3セントなどを付け足すことで利用できます」とのことだった。 

郵便サービスのはじまりの国であり、最初の切手が発行されたとも言われているイギリス。こちらは1ペンス~5ポンドの約15種類ほどあるよう。しかしイギリスの場合、1st(ファースト)切手が39ペンスで速達用、 2nd(セカンド)切手が30ペンスで普通用として売られている。こちらはハガキでも封書でも60gまでなら一律で使用できるそうだ。ちなみに1st、2nd切手は価格が上がっても、手持ちのものはそのまま使える。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年7月12日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース