bit

薄型キーボードって壊れやすい?

薄型キーボードって壊れやすい?
薄型キーボードはノートPCの常識となった(写真は富士通のノートPC『FMV-A2210』のキーボード)。
PCユーザーにとって、なくてはならない入力機器といえば、キーボード。それが突然、壊れたら大変ですよね。ブログやメールが書けなくなるし、ログインもできない。

で、いつも気になるのは、ノートPCのキーボードの薄さ。その薄さを見ていると、
「ちょっと強く押したら壊れるんじゃないか」と心配になるのだ。
そこで、富士通グループでパソコンキーボードを製造する富士通コンポーネントにこの疑問をぶつけてみた。

――そもそも、キーボードを薄くするメリットは。
「ノートPCはポータブル性の観点から、キーボードを薄型化するのが望ましいのです。また、一般的に薄くなると重さも軽くなるうえ、製造時のCO2排出削減や省資源など、エコに寄与できます」

――薄型化のデメリットは。
「薄型化によって、現在主流のキーボードはメンブレンスイッチでシザーズ(パンタグラフとも言う)方式になっています。しかし、この方式はキートッブの押し方向が本来は垂直であるべきところが、微量ながら水平に滑ってしまいます。また、押し込むほどキートップとシザーズ部の勘合の中心がズレていきます。結論として、キーが外れやすく組み立て直すのが難しい方式であり、それがデメリットといえるでしょう」

――薄型キーボードはキーが外れやすいので、ハードに使用しないほうが無難か。
「そのようなデメリットの対策として、当社製の薄型キーボードには、独自開発した『V字ギヤリンク方式』を採用しています。この方式では、押し圧が垂直方向に安定しており、キートップが外れにくくなっています。万が一、キートップが外れた場合でも、簡単にはめ込むことが可能な構造になっているのも大きな特徴です」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年7月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。