bit

痛くないのに「痛いっ!」と言ってしまうとき

危険を感じたときに思わず「あっ」と声が出てしまったり、ぶつかっていないのに「痛っ!」なんて言ってしまったことがある人も多いのでは? 実際に人とぶつかったりしても、衝撃ほどには痛みは感じていないのにもかかわらず、「痛い」と言った自分がときどき不思議に思うことがある。痛いわけでもないのになぜ?

心理学に詳しい精神科医のゆうきゆう先生に聞いてみた。
「これは『ぶつかる』と思った瞬間に脳が『すでにぶつかった』ものとして処理しているので、反射的に『痛い』という言葉を発してしまうんですね。脳がその先の状況を予測し、脳内では『経験済み』として処理しているので、痛くなくても『ぶつかった場合』の反応をしてしまうのです。実際にぶつからなくても『ぶつかることを想像しただけ』でも、同じ働きをしてしまいます」

なるほど、脳が「痛い」と判断してしまえば、痛くなくても「痛い」と言ってしまうわけだ。私は子どもの頃から注射が大嫌いで、今でも針を刺される前から「いててててて……」と喚いてしまうが、終わってみると大して痛くなかったってことも少なくない。過去の記憶から、脳が「痛かった場合」を想定してしまったのだろうか?

「過去に痛みを感じたことで単純に『痛い』と言っているわけではないんです。心理的には『痛いということに対する恐怖心』があるために、過去の経験を忠実に脳内で再現することが出来ます。心理的には『針が刺さったも同然』なのです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月17日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。