bit

韓国の人気イベント列車「海列車」に乗ってみた

       
イベント列車「海列車(パダヨルチャ)」が、韓国で人気だ。江陵(カンヌン)駅から三陟(サムチョク)駅まで、朝鮮半島の東海岸58キロメートルを走るこの列車は、シートが全て海側を向いており、目の前に広がる大海原を思う存分堪能できるのが特徴。2007年8月の登場以来、先月までに24万人以上の乗客を集めており、特に週末は予約しなければ乗れないほどの盛況振りとなっている。

ところで、シートが全て片側の窓を向いている列車なら日本にもあるよ、とおっしゃる方がいるかもしれない。先日、海列車を利用する機会があったのだが、実際に乗ってみると予想以上に韓国的なエッセンスが詰まっており、韓国ウォッチャーである私は非常に興味深かった。以下、私の主観を踏まえて見どころを紹介したい。

見どころ1 「プロポーズ室がある」

海列車の路線はそれほど長くなく、始発から終着まで1時間20分の行程であるが、その短い間にも乗客を楽しませる仕掛けがふんだんに盛り込まれている。そのひとつがこの「プロポーズ室」だ。
プロポーズ室とは2人専用の、別料金の個室。小さいながらもラグジュアリーな造りとなっており、料金にはワインや記念写真も含まれる。なお、外から見るとプロポーズ室の窓まわりだけ、カップルを連想させる絵が描かれており、たった今プロポーズしているのだなと外野の人にも明快で、ちょっと恥ずかしい気がしないでもない。
海列車事務局によると、「この部屋でプロポーズするカップルは実際に多く、また、カップルではない方のご利用ももちろんOK」とのこと。なお、私がプロポーズ室をちらっと覗いた時は、中年のおじさん二人が座っていた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。