bit

「未承諾広告※」をみかけなくなりましたが

「未承諾広告※」をみかけなくなりましたが
それでも形を変えて迷惑メールは届き続けます。
2002年7月に施行された、特定電子メール法。受信者の許可なしで商業広告メールを送るときは、件名の頭にこんな表記をすることが義務付けられた。

「未承諾広告※」

これに従う業者も、それなりにはあった。ただしばらくすると、捕まらないと判断したのか、未承諾広告※の文字は徐々に減った。フィルターをすり抜ける「未承諾広告*」や「末承諾広告※」みたいなバッタモンも、ほどなくして同じように。

今、「未承諾広告※」って書いたメールを送ってる業者はあるんだろうか? 迷惑メール相談センターに話を伺った。
「2008年12月の特定電子メール法改正によって、相手の承諾なしで営利目的のメールを送ることは、『未承諾広告※』と明記しても原則的に禁止となりました。そのため、今は未承諾広告※をつける意味がなくなり、見なくなったかと思います」
すみません、知識不足でした。そりゃ見かけなくなったわけです。

迷惑メールが社会問題になったのは、2000~2001年ごろ。ある携帯電話事業者では、送信された携帯メールの84%が、存在しないアドレスに送られたメール、つまり主に手当たり次第で送られたと思われる迷惑メールだったという。そんな状況をなんとかしようと制定されたのが、特定電子メール法だった。

ただ総務省によると、迷惑メールでの摘発事例は、施行から2008年12月の法改正までの6年半で、6件。未承諾広告※の効果は、正直それほどなかった。
「2002年7月に法律を制定したころ、携帯電話のメールの苦情は一時的に減りました。ですので、一時的には効果があったと思えますが、『未承諾広告※』とつければ送ってもいいということで、逆に広告メールの送信を招いたという側面もありました。そうした経緯もあり、2005年と2008年の法改正に至っています」

あわせて読みたい

  • 迷惑メールが「ある瞬間」から急増した

    迷惑メールが「ある瞬間」から急増した

  • コネタの記事をもっと見る 2009年9月8日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース