bit

「夏だけかき氷屋になる今川焼屋」はなぜ生まれたか

「夏だけかき氷屋になる今川焼屋」はなぜ生まれたか
そろそろ今川焼のおいしい季節です。
昼と夜で別の店になるラーメン屋など、「二毛作」と呼ばれる形態の店が近年増えている。だが、季節によってメニューが変わる二毛作店は昔からあった。そのひとつが「通常は今川焼屋で、夏だけかき氷屋になる」店だ。

自分の地元にもそういった店があったが、店のおじちゃんに理由を聞くと、
「今川焼は、夏は売れないからねえ。夏といったら、誰でも好きなのが、かき氷でしょ」
という単純な答え。

都内のあるお店の場合は、「今川焼→かき氷」の移行時期、原料の在庫処分のようなかたちで今川焼を値引きしているが、なぜこのスタイルにしたか聞くと……。

「うちはもともと『甘味処』だから。夏は今川焼を休んで、かき氷やるけど、ぜんざいやうどんは一年中あるし、そういう店はいっぱいあるでしょ」
つまり、「甘味」の一環として、季節変わりのメニューに組み込まれただけという。

その一方で、「夏はかき氷だけ、その他の時期は今川焼だけ」というスタイルを長年貫く店もある。
なぜ「かき氷」と「今川焼」の組み合わせなのか。創業約60年、三代にわたって「かき氷と今川焼」のみを提供している老舗・兵庫の谷口今川焼店に聞いた。

「うちは真夏は氷、冬は今川焼の1本だけ。(今川焼は)今はクリームとか抹茶クリームもあるけど、昔は、あん1本でやっていたから。もともと和菓子職人の主人が炊くあずき、柔らかくモチモチのぎゅうひなどを、夏場はかき氷に使っているんですよ」
この店は「かき氷が、細かくてフワフワの氷」「今川焼は、カステラのようなフワフワ生地」として有名だが、美味しく炊いた餡子を通常は「今川焼」に、夏場は 「かき氷のトッピング」に使うというのが出発点だったよう。

あわせて読みたい

  • ビバリーヒルズで話題の「Ima」とは?

    ビバリーヒルズで話題の「Ima」とは?

  • コネタの記事をもっと見る 2009年9月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら