bit

いまどき何が値切れる?

いまどき何が値切れる?
あらゆるものを徹底して値切る! その生き方までを書いた本『超三流主義』(金子哲雄/扶桑社)。
100年に一度の大不況の真っ只中、いったい何をいくら値切ることができるのか?

流通ジャーナリストで“国際値切リスト”の異名を持つ金子哲雄さんに、値切りの実際をきいてみた。
「大きなものでは不動産から、小さなものではスーパーのお惣菜まで値切ることができるんです。国際値切リストですから、海外でももちろん値切りますよ」と金子さん。

過去に値切った額で大きいのは、越後湯沢の別荘で350万円から50万円値切ったこともあるそうです。乗っている車も88万円から38万円ほど値切り、50万円で購入に成功。ふだんの生活でも、何かを買うときには必ず一度は値切ってみるのが習慣になっているのだとか。

いったい金子さんのその値切りに対する真摯な姿勢は、どこから生まれたのかを聞いたところ、小学校2年生の頃にルーツがあると言います。
「小学校2年生から親から定額のお小遣いはなかったんです。毎朝、新聞の折り込みチラシをチェックし、各商品で一番安いものに丸をつけるんです。夕方、母親からお金を渡され、最安値の物を買ってきたら、その差額が“お小遣い”になるというわけです。それが日常だったので、自然と底値や、どの商品であれば値切れるのかが感覚的にわかるようになったんです(笑)」

また、金子さんは、高校時代に「人はみんな平等ではなく、スタートラインが同じではない」ということに愕然としたと言います。
「名字がそのまま、有名企業の名前となっている人がいるのを目の当たりにして、普通に努力しても、この差を埋めることはできない、と悟りました。以来、『年収1000万円』を目指したり、収入を上げるための努力をするよりも、決まった収入の中で、いかに安い商品を探し、賢い支出方法を学ぶことで、少しでもゴージャスに暮らすか、を検証するようになりました。これが“超三流主義”という生き方の原点なんです」

あわせて読みたい

  • 台湾の買い物に見る、独特の「お得感覚」

    台湾の買い物に見る、独特の「お得感覚」

  • コネタの記事をもっと見る 2009年9月19日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら