bit

バスの運転手さんに聞いてみた、こんなときどうする?

こないだ、バスを待っていたら、全く同じ系統のバスが2台連続でやってきた。

前のバスが遅すぎたのか、後ろのバスが速すぎたのか、理由はわからないが、運行スケジュール的にはあまりよろしくない状況に違いない。道路事情によって走りやすさの変わるバスには、運転にかなりの臨機応変さが求められると思うのだが、例えばこんな状況のとき、バスの運転士さんはどう対応しているのだろうか? 

京都市交通局の方にお聞きしてみたところ、「同系統が2台続けて運行することとなった場合、前のバスにお客様が集中しやすくなるため、前のバスの運転士はお客様に、『お急ぎでない方は後車にも分かれてご乗車ください』とご案内するようにしてもらっています」とのこと。とはいえ、特に決まったマニュアルがあるわけではなく、あくまでも運転士さんの判断で行ってもらうのだそうだ。

他によくあるのは、「両替のできない高額紙幣しか持っていない人が乗ってきた」とき。筆者も一度やってしまったことがあり、そのときは運転手さんが他のお客さんに、「両替できる人いませんか~」と聞いてくださってこと無きを得たのだが、こんなときの運転士さんの対応はどうあるべきなのか?

「このようなケースにはマニュアルが決められています。まず、バスではカード乗車券などを販売しているので、その売上金で両替ができないか確認します。それで両替ができない場合、nadiさんが経験されたように、お客様に両替していただけるかをアナウンスします」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク