bit

『イソジン』正しく使ってますか?

いよいよ大流行? インフルエンザウイルスは気温、湿度の下がるこれから活動を本格化させる。予防はやっぱりうがい。というわけで買ってきた大きめの『イソジン』、付いていた専用カップで説明書のとおりに薄めてみてビックリ。「こんなに濃いのか」と、鏡に向ってつぶやいてしまったくらいに濃い目のイソジンができあがったのだ。でも、どうやらこれが正しい濃さ。これまでずーっと、「薄めすぎたイソジン」で、まちがったうがいをしていたよう。これはいけない。というわけで、販売元の明治製菓株式会社に正しいイソジンの使い方を尋ねてみた。

「イソジンは医薬品ですので、薬事法に定められた用法・用量を守って下さい。薄いと効果が得られないことがありますし、濃いと刺激が強すぎます。15倍から30倍に薄めて下さい」(明治製菓広報室)
そう、イソジンは立派な薬。だから正しく薄めないといけない。では、正しいうがいのしかたについて聞いてみよう。
「3回に分けてうがいをして下さい。1回目は口の中の食べカスや有機物を取るために“クチュクチュうがい”をします。2回目と3回目は、のどの奥までイソジンが届くように、上を向いて“のどのうがい”を15秒ずつします」
ガラガラ……15秒ってとっても長い。こんなに長くやらないとダメなのか。
「イソジンの有効成分は『ポビドンヨード』ですが、殺菌・殺ウイルス効果を得るためには、十分な時間が必要なのです。すぐに出してしまうと効果が弱まってしまいます。息が続かない方は、途中で息つぎしてもいいです」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク