bit

心がほっこりする“浅草名物ゆであずき”を味わう

心がほっこりする“浅草名物ゆであずき”を味わう
あっさりとした上品な甘さで飽きのこない名物ゆであずき(450円)。
浅草の千束通りを歩いている時、「浅草名物ゆであずき」という看板を目にした。江戸・下町情緒が溢れる浅草は日本を代表する観光地であり、名物と呼ばれるものは沢山ある。しかし、“ゆであずき”の看板を目にしたのは初めてだった。地元では有名なのかもしれないが、興味が沸いたので調べることにした。

浅草の言問通りから千束通りに入って少し歩いたところに、ゆであずきを看板メニューとする「デンキヤホール」がある。1902年に創業され、現在では3代目の店主が店を切り盛りしている。さっそくゆであずきをオーダーし、店主の杉平さんにお話を伺った。

「ゆであずきは創業当時からあるメニューで、当店では添加物を一切使わず、小豆を砂糖、水、塩だけで煮込みそれをのばして作ります。ゆであずきの歴史はとても古く、江戸時代から昭和初期までは、盛り場や神社仏閣の境内で売られていたそうです。昔はこの辺りでは各家庭でゆであずきを作っていましたが、今ではゆであずきを作る家庭は少ないと思います。そのため、若い世代ではゆであずきを知らない人も多いですよ」

確かに、浅草生まれの私の友人はゆであずきを知らなかった。それに、浅草でもゆであずきを出す店はもうほとんどないのだそう。杉平さんは、「お客様には、ゆであずきといったらデンキヤホールだと言われます」と笑顔で語ってくれた。

話もそこそこに、さっそくゆであずきを味わってみることに。
ホットグラスに入れられテーブルに置かれたゆであずきは、小豆がグラスの下に沈殿し、上澄みと2層になっている。まずは混ぜずに上澄みだけ飲んでみることにした。見た目とは予想外に上澄みにもしっかりと味が付いている。甘みのなかにも控えめな塩気があり、あっさりとして飲みやすい。

あわせて読みたい

  • 日本初、フェッテ・パニッサの専門店がオープン

    日本初、フェッテ・パニッサの専門店がオープン

  • 「夏だけかき氷屋になる今川焼屋」はなぜ生まれたか

    「夏だけかき氷屋になる今川焼屋」はなぜ生まれたか

  • コネタの記事をもっと見る 2009年11月14日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら