bit

カリフラワーも、がんばっている

       
カリフラワーは、もっと売れていた。

昔は旬の晩秋から冬になれば、同じく旬のブロッコリーほどの量が、スーパーに並んでいた気がする。時代によってはカリフラワーの方が多かったかもしれない。だけど今、スーパーではブロッコリーのスペースの方が広い。

同じキャベツの突然変異で生まれた姉妹的な野菜に、どうして差がついちゃったんだろう。農畜産業振興機構に話を伺った。
「1982年に日本食品標準成分表というものが改訂されまして、緑黄色野菜のブロッコリーの栄養価が、カリフラワーよりも高く評価されたのが大きいですね。当時は国民の栄養意識が高まったころでしたし。またブロッコリーはアメリカなどから輸入され、一年中出回ったこともあって、消費量が一気に伸びました」

この姉妹は、多くの西洋野菜と一緒に、明治の初めごろ来日。ところが和の食卓に西洋野菜は普及せず、広く世間に知られたのは第二次世界大戦後、日本人の食が洋風化したころ。先に注目を浴びた白いカリフラワーは、1970年代までブロッコリーよりも遥かに高い人気を博していた。

ところが1980年代に入って、先ほどの話の通り状況は一変。農林水産省の調査によると、2008年産のカリフラワーの国内作付面積や出荷量などは、ブロッコリーの約10分の1。輸入量は、なんと約1000分の1になっている。

「ブロッコリーに非常に押されとる状態は否めんと思うんですね。栄養面ではブロッコリーの方に分がありますんでね。それにお弁当関係、あの鮮やかな緑の色というのは、白の野菜と違って映えますし。あとは価格ですよね、今のこの景気もありますし……カリフラワーは不利かなと」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。