「蝋(ろう)人形の館」と聞いてテンションがあがるのは、私だけではないはずだ。
世界の有名人や架空の人物(に似せて作られた人形)が、夢の中の出来事のように一堂に会する蝋人形の館。すこぶる豪華でありながら、時には脱力感もあるその世界に魅了され、「東京タワー蝋人形館」をはじめとする、各地の蝋人形館を巡礼したB級スポットマニアも少なからずいることだろう。

そんな蝋人形館ファンに朗報。今年7月、お隣韓国にも初めて、本格的な蝋人形の館が登場した。
その名も「63ワックスミュージアム」。ソウルを見下ろすビュースポット、63ビルの地下3階に位置するこの博物館には、500坪の施設に70点以上の蝋人形が展示されている。
オープン2カ月で集客2万人を達成したというこの人気スポット、私も例にもれず体験してきた。

完成して間もないこともあり、館内は清潔な雰囲気。そこに、日本の蝋人形作家・松崎覚氏が手がけた、驚くほど精巧な蝋人形がずらりと並ぶ。
気になる人形のラインナップは、ピカソやアインシュタインといった偉人から、時の人であるオバマやイチローまで様々。韓国ならではの人物として、ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チェ・ジウといった韓流スター、読売ジャイアンツのイ・スンヨプ選手、2002年ワールドカップで活躍したヒディンク監督、キム・デジュン元大統領などの姿も見られる。
実在の人物の他にも、ドラキュラや狼男といった架空のキャラクターが登場。世界の蝋人形館でお馴染み、死刑囚などのおどろおどろしい蝋人形が並ぶ「恐怖体験館」も、もちろん用意されている(12歳以上観覧可)。