bit

焼き魚をキレイに食べられる箸

焼き魚をキレイに食べられる箸
小骨など、細かい物がつまみやすい。
「若い時は肉が好きだったけど、歳をとるごとに魚派になっていく」なんてよく聞くが、私は初めから魚派だった。特に、焼き魚をバリバリ食べるのが幸せというか。

ただ、ひとつ気をつけたいのは食べ方が汚くならないようにすること。あれには性格が表れてるから、油断できない。
もう一つ、気をつけたいのは魚の小骨である。

実は、それらを解決してくれるお箸があるのだ。それは、箸の製造販売を行っているメーカー「兵左衛門」から発売されている『焼魚の箸』のこと。

このお箸、その名の通り、焼き魚を食べるために製作されたお箸。では、普通のお箸と何が違うのか?
まず、箸先がちがう。細いのだ。そのサイズ、なんと1.5ミリ。この細さが何に役立つというと、細いだけに魚の小骨をつまみやすい。「めんどくせー!」と骨ごと食べるのも全然オッケーだが、「私、デリケートだから骨なんて食べられない」なんて人には待望のお箸だろう。この細さで、丁寧に取ってしまえるから。

ただ、あんまり細過ぎるのも不安だ。何かの拍子にポキッと行っちゃいそうな気もするから。でも、このお箸は竹の繊維に沿って削ってあるので大丈夫。折れにくい。

と、クドクド言うよりも“論より証拠”。実際に、このお箸で「さばの塩焼き」を食べてみました。
いざ使ってみると、普段使っている普通のお箸とは何となく感触がちがう。思い通りに動く自分の手先が、もっと向こう側まで伸びたような。食べ進めていくと、当然出てくる魚の小骨。これをつまむのだが、この作業が我ながらキメ細かくできる。今までのお箸が、妙に“大味”に感じてきた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年1月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。