bit

新橋で活動中 “脱サラ”たちで結成されたバンド

新橋で活動中 “脱サラ”たちで結成されたバンド
脱サラロックバンドが、新橋駅付近で躍動する!
ミュージシャンにしろ、芸人さんにしろ、サラリーマン経験のある人に、ある種の“深み”を感じている。保険外交員やボーリング場の支配人を経験したタモリ。他には、俳優の佐々木蔵之介や、ミュージシャンのスガシカオもそうだ。
それにしても、“脱サラ”という行動をとる方々には素直に拍手を送りたい。その勇気と、思い切りの良さに乾杯。何かの目標があってこその行動であれば、尊敬に値する。もちろん、サラリーマンを続けていくことも素敵なことだが。

そんなサラリーマン経験者で結成されたバンドが、“サラリーマンの聖地”東京・新橋を主戦場にして活動中なのだ。その名も「ザ★レコーズ」。

彼らは結成3年目のバンドで、6人編成。そのうちの3人が脱サラ経験者で、1人は現役サラリーマンというメンバー構成。脱サラ組の前職はシステムエンジニアで、メンバーの長島哲郎(Vocal&Guitar)と、マスキー(Guitar&Vocal)はNTTデータの子会社で出会った。その後、長島主催の音楽イベントで6人が意気投合。

その後、彼らは“新橋系・脱サラロックバンド”を名乗り、新橋のライブハウスや軒下などを中心にライブ活動を展開。話題を呼んでいる。

では、なぜ“新橋系・脱サラロックバンド”という方向性を目指したのか? 脱サラのメンバーが多いからだろうか? その辺りを、メンバーの1人であるマスキーさんに伺った。
「楽曲がサラリーマンに非常にウケが良いため、新橋で活動を始め、新橋でずっとやっていこうと腹をくくってから“新橋系”を名乗り始めました。実は、新橋周辺での勤務経験はありません(笑)」

あわせて読みたい

  • 韓国水原市「おばさんフェスティバル」に行ってきた

    韓国水原市「おばさんフェスティバル」に行ってきた

  • 韓国で活躍中の55歳日本人ミュージシャン

    韓国で活躍中の55歳日本人ミュージシャン

  • コネタの記事をもっと見る 2010年1月16日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース