bit

リングを入れるだけの画期的な老眼治療法が出た

「近視の人は老眼にならない」とか「老眼になるのが遅い」と言われるが、これは間違い。

老眼の程度や感じ方、進み具合に個人差はあるものの、水晶体は加齢で変化し、次第に硬くなっていくもので、実際には40代半ばで100%の人が老眼になるという。

近視の人の場合も、メガネやコンタクトで正しく矯正していれば、近くが見えなくなっているのを感じるはずだが、実際には弱めの矯正をしている人が多く、感じるのが遅いだけということ。また、メガネをはずせば近くが見えるだけに、「老眼ではない」と感じるというのが実情のようだ。

つまり、誰にでもやってくる、避けられないのが「老眼」なのだが、近年、画期的な治療法が登場していることをご存じだろうか。

アメリカのアキュフォーカス社で開発され、昨年12月に日本で本格導入が始まった「アキュフォーカス」だ。
「角膜の中にリングを埋め込むだけ」というけど、新しい方法だけに、なんだか怖い気もする。どんな手術なのか。

実際に施術を行った、みなとみらいアイクリニック主任執刀医で医学博士の荒井宏幸先生に聞いた。
「アキュフォーカスは、点眼麻酔で15分程度の手術で、目の中の手術は行いません。フェムトセカンドレーザーという特殊な機械で角膜の層間にポケットを作って、そこに黒いリングを置くだけなんですよ」

ものを見るためには、目の中に入ってくる光を角膜と水晶体のレンズで屈折させ、網膜に光を集め、ピントを合わせなくてはならない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク