bit

モニター画像と写真プリントの色が合わないのはなぜ?

       
「おっかしいなぁ、こんな色じゃないはずだけどな」と写真をプリントしてそう思ったことはないだろうか。
モニターで確認したデジタル画像と、プリンタで刷り上った写真プリントとの色のギャップがあまりにも大きいことがある。せっかくいい色で撮れたと思った写真が台無し。プリントする意味がない。どうしてこんなことになってしまうのか。「EIZO」ブランドのモニターメーカー、ナナオにその原因と解決策を聞いた。

「モニターとプリンタでは、それぞれの色のつくり方や再現できる色の範囲が異なります。これが根本的な原因です」
モニターは色の三原色であるレッド、グリーン、ブルーを混ぜて色を表現する。対して、プリンタはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色。つまり、この違いによって表現できる色の範囲の差が出てしまい、結果的にその差が色のギャップを生むのだ。

「モニター画像と写真プリントの色が合わない原因はもうひとつあります」
モニターは画面の内部から光を出し、それを私たちは見ている。他方、紙の上のインクに光が反射したものを見るのが写真プリント。すると、周囲の光の状況(明るさ、色合い)によって、写真プリントの見え方が異なってしまうのだ。
このようにモニターとプリンタはまったく異なるシステムで画像を表現しているわけであり、その意味では色が合わないのは当然とも言える。

では、このまま現状に甘んじるほかないのか。実は解決策はある。具体的には、

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年3月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。