bit

学校が4月第2週ごろじゃないと始められない理由

学校が4月第2週ごろじゃないと始められない理由
また新しい年度が始まります。
学校は、世の中の新年度よりも何日か遅れて始まる。
だいたい毎年4月の第2週で、今年の入学式は4月6~7日前後の学校が多い。

4月1日に始まる大人社会と比べると、子ども社会はスロースタートだ。
わざわざそんなずらさずに、もっと早くから始めることって無理なんだろうか。
小中学校の日程を定めている市区町村の、いくつかの教育委員会に伺ったところ、どこからも同じような答えが返ってきた。

「教職員が準備する期間として、4月1日から数日間とっています。日本社会が新年度を迎える4月1日から学校に出て、さまざまな準備をしますと、どうしても第2週くらいになってしまうんですね」
まあそっか、スロースタートにせざるを得ないのか。

準備って、そんな大変なんだろうか。知り合いの小学校の先生に聞いてみた。
「そりゃ大変だよ。学校全体、学年、学級と、これから1年間のいろんな準備を、4月の数日間である程度やらなきゃならないからね。学校が始まってからよりも遥かに忙しいよ。例えば体育の先生たちが、秋の運動会の内容を話し合うくらい、先のこともやってるから」

具体的な内容って、他にどんなことがある?
「例えば担任の先生は、クラスを1年間どう作っていくか、どう授業を進めていくか、テストや宿題はどんなものにしていくかなど、計画を立てるよね。学年でも集まってそういうことを話し合ったり、宿泊訓練や遠足の内容、どのクラスがどの場所を掃除するか、みたいなことも決めるよ。とにかく、年間で行うあらゆることだよなぁ」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年4月1日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら