bit

カーネーション、日持ちさせるには?

5月9日は母の日。工夫をこらした贈り物もたくさんあるが、カーネーションは今も昔も不動の人気だ。やっぱり女性は花束をもらうとうれしいし、思いのこもったものはなおさら。だから、できるだけ長く楽しみたい。
世間で言われている花を日持ちさせる方法にはいくつかあるが、どの方法が一番有効なのだろうか。さっそく試してみた。

まず、一般的に言われている花を日持ちさせる方法を含めて、比較のために次の4つを用意した。

1. 水道水のみ
2. 水道水+10円玉3つ
3. 水道水+台所用の塩素系漂白剤
4. 水道水+市販の切り花を日持ちさせる薬剤

水の量は、500ミリリットルのペットボトルに、水の量がペットボトルの半分くらい。そこに、花屋で咲き具合が同じくらいのカーネーションを4本選んでもらい、水切りしたものを1~4に一本ずつさした。
気温18度~20度の環境に置き、1~3は5日に1回水を換え、4は商品の説明書きのとおり、水が少なくなったら決まった割合で希釈した薬剤を加えた。実験中は水が濁ることはなかったので、一度も換えなかった。

実験開始から10日後。1と2の花びらの一部が茶色くなった。3と4は、花びらの先端がわずかに茶色くなっただけ。

15日後。2は花全体が小さくなってしまった。1は半分以上の花びらが茶色くなり、茎の一部に緑色のカビが発生。3は花の一部が茶色くなった。4は10日前とあまり変わらず、花も大きいままで最も元気。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク