bit

エレベータの行き先階ボタン、取り消しできる?

8階へ行きたいのに、うっかり6階のボタンを押してしまった。慌てて8階を押し直したけれど、上昇を始めたエレベータは無情にも6階に止まった。開いた扉からは、誰も降りない、誰も乗らない。同乗者の視線が背中に突き刺ささり、気まずい時間が流れる……こんな経験、したことはないだろうか。

最近、よく利用しているエレベータに、行き先階の「取り消し機能」があることを知った。まちがえたボタンを「ダブルクリック」すると、あら不思議、点灯していたランプが消えるのである。これは便利!

この機能、どんなエレベータにも付いているのだろうか。日本エレベータ協会に聞いた。
「昭和40年より前の時代は、行き先階ボタンを押すと、押し込んだ状態で止まるようになっていました。だから、ボタンを引っ張ってやると取り消しできたのです。エレベータに運転手がいたころの話ですね」
それはちょっと話が古すぎるので、現代のエレベータはどうだろうか。
「十数年前から電子化が進み、ソフト処理が可能になって、取り消し機能が付くようになりました。だだ、メーカーによって標準的に組み込まれている場合と、オプションの場合とがあります」

詳しいことはメーカーに、ということで、株式会社日立ビルシステムに聞いた。
「当社では、少なくとも2000年以降に発売したエレベータについては、取り消し機能を標準機能として搭載しています。まちがったボタンを1秒ほど押し続けて取り消すものと、ダブルクリックして取り消すものとがありますが、2004年以降はダブルクリックに統一しています」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク