bit

“パイ”が“まんぢゅう”と訳されていた日本のアリス

“パイ”が“まんぢゅう”と訳されていた日本のアリス
芥川龍之介+菊池寛という2大文豪の共訳による『アリス物語』(昭和2年・興文社)。
しつこくアリスネタで申し訳ないのだけれど、大ヒット中の『アリス・イン・ワンダーランド』にちなんで、今日は「日本におけるアリス」について考察してみたいと思う。

そもそも日本で初めて、ルイス・キャロル作のアリスの物語が紹介されたのはいつなのだろう? 図書館で調べてみたところ、明治32年になぜか少年雑誌において、意外にも『不思議の国』ではなく、続編の『鏡の国』が訳されたのが初出のよう。その後、明治43年に『愛ちゃんの夢物語』なるタイトルで、初めて一冊の本としてまとめられたらしい(この頃は、子どもたちがなじみやすいよう、アリスの名前も和名にされていたのだ)。

その後、大正14年には『お転婆アリスの夢』(成運堂書店)というタイトルの本が登場している。この版ではもちろん「アリス」は外国人の女の子の名前としてそのまま訳されているし、挿し絵も、金髪のロングヘアにリボンをつけたドレス姿。日本でも洋装が一般的になりつつある時代だったとはいえ、当時の女の子たちはドレスのふくらんだ袖や、胸当てつきのかわいいエプロンなどにさぞ憧れたのではないかな~と推測。

そして昭和に入ると、『アリス物語』(昭和2年・興文社)なる、芥川龍之介+菊池寛という2大文豪のタッグによる小学生向けの教材としてまとめられた本が出ている(画像)。これは、芥川がある程度まで訳したものを、菊池が完成させたので共訳ということになっているらしい。トランプ柄の表紙や、モダンな書体など装丁もなかなかオシャレ。

あわせて読みたい

  • レアものを探せ! 魅惑のアリスグッズ

    レアものを探せ! 魅惑のアリスグッズ

  • コネタの記事をもっと見る 2010年5月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース