bit

「後になってから腹が立ってくる」人たち

「そのときは何とも思わなかったんだけど、後になってから、無性に腹が立ってきて!」と憤慨する人はけっこういる。

また、「あのときなぜ言い返せなかったんだろう?」と、後になって悔しくなったことのある人は、少なくないのではないだろうか。

なぜ「後になってから」怒りがわくのか。また、これはどういったタイプの人に多いのか。
『相手の心の中が怖いくらい見える心理術』(王様文庫)、『打たれ弱~いビジネスマンのためのゆうき式ストレスクリニック』(Nanaブックス)等の著者、ゆうメンタルクリニック院長で精神科医の、ゆうきゆう先生に聞いた。

「人の記憶の仕方には、事実のリンクと感情のリンクがあります。事実のリンクとは、『昨日はミスして部長に怒られた』⇒『ミスと言えば、取引先でも失敗したな』といった具合に、事実と事実をリンクさせて記憶する方法です。そしてその事実ひとつひとつに『悔しい』『嬉しい』といった感情が付加されているのです」
一方、「感情のリンク」とは……。
「『悔しい…何でだっけ?』⇒『あぁ、昨日部長に怒られたんだ』⇒『悔しいと言えば、この間も彼氏に太いって言われたな』といった具合に、感情を軸に事実を記憶する方法です。いわゆる『思い出し怒り』をよくする人は、感情のリンクが主となって記憶をするタイプなのでしょう」

そもそもなぜ「後になってから」のほうが、怒りが増すものなのか。
「感情のリンクで記憶していると、『嫌なことがあった』⇒『嫌な気分になる』⇒『過去の嫌な気分になった出来事をどんどん思い出す』という悪循環に陥りやすく、あとになるほど雪だるま式に怒りは大きくなるのです。そして、そのキッカケとなった相手にすべての苛立ちをぶつけることになります。ちなみに、女性のほうが男性よりも感情のリンクで記憶する傾向が多く見られます」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク