bit

新聞を読み終わったら作る「四万十新聞バッグ」の今

新聞を読み終わったら作る「四万十新聞バッグ」の今
すべてが新聞でできたバッグ。
最近、頻繁に聞かれる“エコ”なる言葉。80年代は“浪費”の時代だったが、21世紀はエコの時代か。
そして、身近なエコの一つに“ちり紙交換”がある。読み終わった新聞・雑誌を渡して、引き換えにトイレットペーパーを。

それも素晴らしい。しかし、この商品はそんな手順を踏まないエコ。高知県の「株式会社四万十ドラマ」で手がける『四万十川新聞バッグ』は、読み終わった新聞をそのまま再利用してみせた。

画像を見ていただければ、一目瞭然。高知県で発行されている県紙「高知新聞」を利用して、このバッグは生み出される。ほとんどハサミを使わず、折って糊で留めただけで作られているのだ。実は以前にコネタでも触れているのだが、このバッグをひと目見てとっても気になってしまったので、このバッグの“歴史“を“今”とともにを、再び振り返ってみようと思う。

このバッグ誕生のきっかけは、2002年。同社をプロデュースする梅原真氏が「最後の清流と言われる四万十で、野菜や特産品をビニール製のレジ袋で包むのは似合わない。これからは古新聞で包もう!」と、提案。
それを受け、流域に住む主婦・伊藤正子さんが「こんなの、どう?」と新聞紙で作ったバッグを考案。取っ手をつけたり補強したりして、現在の形にまで行き着いた。

そんな“おばちゃんの知恵”が、図らずもワールドワイドな反響を呼び起こす。2005年に開催された海外向けの商品コンペで、同社の現社長である畦地履正(あぜちりしょう)さんは四万十川産のお茶を提案。ペットボトル3本を新聞バッグに入れて持参したところ、バイヤーはお茶ではなくバッグに食いつくという、皮肉(?)な結果に。

あわせて読みたい

  • 海外で大評判!? 土に還るエコバッグ「クナプラス」

    海外で大評判!? 土に還るエコバッグ「クナプラス」

  • 龍馬の故郷で生まれた「宇宙を旅したヨーグルト」

    龍馬の故郷で生まれた「宇宙を旅したヨーグルト」

  • コネタの記事をもっと見る 2010年7月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース