bit

青色を利用した昆虫捕獲器

青色を利用した昆虫捕獲器
色と匂いでおびき寄せる。
学生は、もうすでに夏休みに入っている。夢のようじゃないか。何しろ、1カ月以上まるまる休みなのだから。
でも、油断しないでほしい。知らぬ間に、「あっ」という間に、あまりにもスピーディに夏季休暇は過ぎ去ってしまうのだから。

では、どんな風にその“短き時”を有意義に過ごしてもらいたいか。特に、小学生。夏と言えば、まず水泳があるだろう。
そして、もう1つ。夏と言えば、昆虫採集である。夜明け前の、まだ薄暗い時間帯。山中にある虫スポットに、大人に引き連れられて行ったのを今でも思い出す。

だが、時代は21世紀。何とも科学的(?)な機器を使って、手軽に昆虫を捕まえることができるようになったという。
京都の「高槻電器工業」が開発した『昆虫トラッパー ビートル』を使うと、昆虫の捕獲率がグンとアップする。

画像を見ていただきたい。迷彩色の物体の奥にLEDライトが青く光っているのが、おわかりになるだろうか? 
カブトムシやクワガタなどの昆虫は“青色”に集まる習性があり、それを利用しているという。コンビニの入り口などにある殺虫灯に虫が山ほど寄っていくが、原理はアレと一緒だ。元々は紫外線を使おうと考えられていたが、お子さんの目の健康を考慮して青色LEDが選択された。

そして、虫さんに訴えるのは視覚面だけではない。“嗅覚”にもアピールしてみせる。奥には、甘い匂いを出す黒糖を使った昆虫ゼリーをセット。ウマそうな匂いが、様々な昆虫をおびき寄せる。

あわせて読みたい

  • 子どものための「昆虫食」の本が出た

    子どものための「昆虫食」の本が出た

  • コネタの記事をもっと見る 2010年8月6日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース