bit

プールの着替えで巻く、あのタオルについて

プールの着替えで巻く、あのタオルについて
巻いてみました。
学校の水泳用タオルといえばいま、ゴムとスナップボタンがついているタイプが一般的だと思う。ラップタオル(巻きタオル)などと呼ばれ、スカートやてるてる坊主みたいに体へ巻くことで、ちっちゃな更衣室になる。

でも30~40年前まで、このタオルはなかった。子どもたちは風呂上がりみたいに、普通のバスタオルを巻いて着替えていた。

そこで、調べてみた。ゴムのついたタオルは、一体どう生まれて、どう広まっていったんだろう? と。企業や文献、当時を知る人の話などからまとめた歴史は、以下の通り。

まず前提として、昔の小学校では、男女一緒に教室で着替えることが多かったことを頭に入れておきたい。タオルがハラリとはだけて、中の人がチラリしないよう、細心の注意を払う必要があった。男の子の場合、タオルを奪うワルガキもいた。さらにその対策として、タオルなしでも着替えられる、パンツ脱ぎのテクニックを習得する子もいた。うまく着替えることは、子どもたちにとってプールがある日の大きなテーマだった。

そんなあるとき、水泳のタオルは生まれた。1970年代ごろ、着替えに不満を抱いていた子の親が、ゴムをつけることを考案したらしい。詳しい考案者は分からないけど、家庭から生まれた知恵だったようだ。小学生が、より男女に気を遣う時代になったことも、関係しているかもしれない。

一気に広まったのは、1980年代。手作りの方法が少しずつ広まる中、キャラクターものが市販されたことで人気は爆発した。商品化したのは、当時子ども服やタオル地の商品を扱っていた企業。バンダイやサンリオなどと提携して作られたラップタオルは、子どものハートをつかんでヒットした。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年8月16日のコネタ記事
「プールの着替えで巻く、あのタオルについて」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    私は小2の時クラスの女子の巻きタオルを奪った悪ガキ?です。当時はラップタオルは、なくデリケートゾーン?を見ました。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース