bit

CD-Rの正しい捨て方知っていますか?

CD-Rの正しい捨て方知っていますか?
はさみで切る、袋に入れて割って捨てる、という人も多いようです。
みなさんは不要になったCD-Rをどうやって捨てていますか?
私は仕事で大量のCD-Rを使うのだが、廃棄する際は記録データを再生できないよう裏面をカッターで傷をつけてから捨てるようにしている。

あるとき同僚に「CD-Rは深く傷つけないと再生できちゃうんだよ」とアドバイスされてからというもの、しっかりと深く傷つけるようにしていた。しかしこれで本当に大丈夫なのだろうか? 今まで確認したことはなかったが、傷つけたCD-Rを試しにパソコンのドライブに挿入してみたところ……ちゃんと再生できるではないか! これは一体何故なのか? 傷の深さが足らなかったのか? 

日本製光記録メディアブランド・That's(ザッツ)シリーズを販売している株式会社スタート・ラボさんに話を聞いてみた。
「CDもDVDも、理論上、キズはディスク周方向に(記録溝に沿って)1mm以上の 長さのキズを入れると再生に影響がでます。逆に申しますとCD及びDVDはエラー訂正できる強力な補正機能があります。キズの深さより、幅によって影響が出てまいります」
傷の深さは関係なかったのか……。再生できたものは幅もあったのだが、方向があっていなかったということか。それにしてもCDがそんなに丈夫だったとは。

傷に強いのならライターの火であぶっても、熱湯をかけても大丈夫なのか?
「ディスク基板の原料はポリカーボネイトで、これは単体では燃えにくいものですが、 石油が原料です。また、熱湯も短時間では信号は消えません」

あわせて読みたい

  • ディスクの「フォーマット」って、なぜ必要?

    ディスクの「フォーマット」って、なぜ必要?

  • コネタの記事をもっと見る 2010年8月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース