bit

東大の安田講堂、京大の時計台、阪大の…?

東大の安田講堂、京大の時計台、阪大の…?
左上:東大安田講堂、右上:京大時計台、下:阪大本部
某予備校からダイレクトメールが届いた。
「東大○○名、京大○○名、……」と合格者人数が書かれており、その下には3つの建物の写真。上から、東大の安田講堂、京大の時計台、そしてもう1つの見慣れない建物は……。たしかこれは阪大の本部建物だ。

日本を代表する総合大学といえば、東京大学(東大)、京都大学(京大)、大阪大学(阪大)。海外の様々な”世界大学ランキング”でも、常に日本のトップ3とされている。しかしながらこの中で、阪大だけはどうもイメージが湧かない。シンボル的な建物のイメージも同じく湧かない。

東大の「安田講堂(東京大学大講堂)」は、正面に時計塔を持つ、その堂々とそびえ立つ姿が、赤門と並び東大のシンボルとして広く知られている。昭和の学生運動の史料映像に出てくることも多い。
京大の「時計台(百周年時計台記念館)」も誰もが知っているシンボルで、正門入って正面に大きなクスノキとともにそびえ立つ姿は、京大のエンブレムの図案にもなっている。
どちらも大正14年(1925年)竣工で旧帝国大学の趣を残しつつも、近年改修工事が施された、名実共に現役のシンボルだ。

では、同じく旧帝国大学の阪大は?
結論をはっきりいうと「古い時計台のようなシンボルはない」。

東大と京大は、日本の最高学府の役割を担い、都心部のメインのキャンパスに堂々と構える、というスタイルが戦前から現在まで基本的には変わっていない。
対して阪大は、同じく旧帝国大学であるが、両者に比べてると大学設置時期は遅い。戦後の相次ぐ学部増設、本部・各学部の郊外にある豊中と吹田の両キャンパスへの移転・集約などを経て、大きく成長した歴史を持つ。大学本部建物は大阪万博の時代、吹田キャンパスにできたものだ。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年9月2日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース