bit

富士山には7合目、8合目がどうしていっぱいあるのか

富士山には7合目、8合目がどうしていっぱいあるのか
吉田口には、8合目と本8合目がある。
日本一の山、富士山。この夏も、たくさんの人がトライしたことだろう。
ところで、富士山に登った人がよくこんなことを言う。「いつまで登っても8合目から抜け出せなかった」「7合目の次は8合目だと思ったら、また7合目だった」いったい、どういうことなのだろうか。

まずは、もっとも登山者の多い山梨県側の登山口、吉田口(河口湖口)から見てみよう。5合目から8合5勺(8.5合目)までに10以上の山小屋があって、各山小屋が「○合目」を名乗っている。だから、同じ合目がいっぱいあるのだが、特に8合目の場合、「8合目」と「本8合目」の2種類があってややこしい。両方合わせて、標高3020mから3400mまでの全部の山小屋が8合目なので、一番下の8合目から一番上の8合目まで、およそ1時間半かかる。

富士吉田市歴史民俗博物館に、そのあたりの事情を聞いてみた。
「戦前は(今の8合目付近が)7合3勺(7.3合目)、7合5勺(7.5合目)などと細かく分かれていたのです。戦後、米軍の兵隊さんや普通の人が多く登るようになり、わかりやすくするため、上に繰り上げて全部『8合目』としました。戦前の『8合目』は今、『本8合目』となっています」
要するに、「本8合目」が昔ながらの8合目で、それ以外は元々、7~8合目の中間だったわけ。それらが全部「8合目」を名乗ることになり、長い長い8合目地帯ができたのだ。

次に、静岡県側の登山口、富士宮口の場合。5合目、6合目と登ってゆくと、「新7合目」に到達する。次はついに8合目だ、と期待すると、なぜかそこには「元祖7合目」の表示が。8合目はもっと上だとわかって、ちょっと疲れてしまう。なぜ7合目が2つあるのか。富士宮市観光協会に聞いた。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年9月4日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース