bit

ぶどう狩りのはじまりとは?

ぶどう狩りシーズン真っ只中。そこで、ぶどう狩りがどうして始まったのか、ちょっとしたエピソードがあったので紹介したいと思う。

舞台は、福岡県の田主丸(たぬしまる)という地域。日本で初めて、観光のフルーツ狩りが行われたとされるこの地で、ぶどう狩りは始まった。

ぶどうの前に、田主丸では昭和初期から、盛んに柿が植えられていた。そして観光客の目を柿に向けさせるため、1950年代後半、日本初のフルーツ狩りとされる柿狩りが始まった。これは、お客さんが畑で柿の歴史などを聞き、あらかじめ収穫してある柿を買って帰るというもの。実をもぎ取ることはできなかったものの、農園に客が足を踏み入れるなんて非常識だった時代に、人気のスポットとなった。

同じころ、田主丸の柿農園では別の変化が起きていた。それは、柿農園の空いている場所や、柿の木を切り倒して、巨峰の苗が植えられ始めたこと。巨峰の美味しさに魅せられた農家たちが、当時まだ珍しかった巨峰という果物を、栽培し始めていた。

ところが、巨峰には柿にはない欠点があった。それは、傷みやすく、粒がすぐ落ちてしまうこと。そのため運ぶことが難しく、味は良くても、市場で相手にしてもらえなかった。

そんな状況に悩む中、関係者の頭をよぎったのが柿狩りだった。
お客さんにゴザの上で巨峰の話を聞いてもらい、帰りに用意された巨峰を持ち帰ってもらうという、柿狩りと同じスタイル。巨峰を市場へ運ばなくても、お客さんの手に渡せるいい方法だった。役場の担当者も鉄道会社に必死で営業をかけ、バスツアーを企画。巨峰狩りは瞬く間に人気を博した。ぶどう狩りの交通渋滞も起こったほどだという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク