bit

全国の「一宮」、どれだけ知ってますか?

日本には、かつての国ごとに「一宮」「二宮」「三宮」と定められた神社が全国にある。超ざっくりいえば、一宮がその地域で一番社格が高い神社で、次が二宮、それから三宮という順になる。

興味深いのが、必ずしも現在メジャーな神社が、その地域の一宮ではなかったりするところ。たとえば名古屋周辺(尾張)で最もメジャーな神社といえば、熱田神宮を思い浮かべる人が多いような気がするが、熱田神宮は尾張の「三宮」なのである。じゃあどこに一宮があるか。尾張の一宮といえば、そう、地名の由来にもなっているように、現在の愛知県一宮市にある。市内の真清田神社というところがそうなのである。

三重(伊勢)のほうなら、さすがに伊勢神宮だろうと思うが、ここは逆に、全国の神社を包括する神社本庁の本宗にあたる神社で、諸国の中での一宮、二宮といった扱いのものではない。三重の一宮は、鈴鹿市の椿大神社。
では東京を含む武蔵国はどうか。現在全国一の初詣参拝者数をほこる明治神宮は、大正時代にできたものだし、靖国神社の創建も明治時代と、諸国の一宮が定められた中世にはなかった神社だ。では、武蔵国の一宮は……??

そんな全国68カ所の一宮を9年間かけて巡った記録が、『日本廻国記 一宮巡歴』(川村二郎・講談社学芸文庫)という本。

こんなところにこの地方の一宮があるのか、という新鮮な発見、自分が住んでいる地方の一宮はどこのどんな神社なのか、次の休みに訪れる予定の地域の一宮は? という好奇心が満たされるだけでなく、それぞれの国や神社のありかた、成り立ちや歴史、人との関わり、なぜここにこの神社があるのか、そういったことが詳細に書かれていて、「読んでかしこくなった(陳腐な表現ですが)」、そんな気分にさせてくれます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク