bit

コピー用紙とかの単位って、どうして「重さ」なの?

コピー用紙とかの単位って、どうして「重さ」なの?
重さでの表記、ご存知でしたか?
       
会社や個人など、コピーやプリンタでの印刷に使う、A4の普通紙。500枚などで売られてるこのパッケージを見て、疑問に思ったことはないだろうか。それは、紙の単位が「重さ」で表されていること。

例えばよくある表記が「64g/m2(平方メートル)」。これは「1平方メートルあたり1枚64gの重さの紙」ってことを表している。紙だったら、厚さの方がしっくりくる気がするのに、どうして重さで表現されてるんだろう?

その理由を、紙の博物館の担当者の方に伺った。
「紙全般に言えることですが、商取引では、重さで表記した方が便利なんですね。業者側の話になってしまいますが、紙を運搬するときに、(トラックに積める量や料金など)重さで取引していまして。その表記法が、消費者の方が目にする商品でも、慣例として使われていると考えられます」

厚さでの表記じゃダメなの?
「紙は厚さにムラがある場合がありますので、どうしても厚さで表記しづらいことがあるんです。そのため歴史的にも、1平方メートルあたりの平均をとって、重さという形で表してきたんです」

つまりベストじゃないけれど、ベターな方法として、業者が使ってきた「重さ」に落ち着いてる様子。
それに例えば「厚さ0.09mm」とか併記されてることもあるけど、これを見ても、重さと同じで厚いのか薄いのかは経験則でしか判断できない。それにメーカーや製品によって、同じ厚さでも質は違う。
重さでの表記は一見理解できないけど、そう書くしかない、厚さで表す意味があまりない、っていうのが本音かもしれない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。