bit

携帯電話、ちゃんと会話できてます?

       
ここ15年くらいで、生活を大きく変えたものと言ったら、インターネットと携帯電話じゃないかと思う。
この間行ったカンボジアでも、携帯ショップが道端に軒を連ねていた。もはや世界じゅうに普及しているが、筆者は携帯電話をほとんど使わない。たまーに使うと、会話のテンポというか、リズムというか、調子がいつもの会話と違ってしまう。どうしてなのか。それは、携帯電話には音声の遅れがあるからだ。

携帯電話はデジタル技術を使っている。こっちで「あのう」としゃべった言葉が相手の耳に「あのう」と届くまでに、ちょっと時間がかかるのだ。
音声の遅れは、同じくデジタル技術を使っている「地デジ」でも起こっている。が、映像も一緒に遅れているから気がつかない。地デジが普及してから、「10、9、8、7……」の新年カウントダウン中継がなくなったのは、この遅れのせいだろう。正確な時刻を秒単位で伝えることが出来ないのだ。

さて、携帯電話では音声がどのくらい遅れるのか。測ってみることにした。
まず、カセットテープ(古い!)にNTTの時報を録音する。再生すると1秒ごとに、ぴっ、ぴっ、という音がするので、これを携帯電話の通話口に近づける。その携帯電話に別の携帯電話からダイヤルして、音を聞いてみよう。ラジカセから直接聞こえてくる時報と、別の携帯電話から聞こえてくる時報を同時に聞くと、たしかに、ちょっとだけずれている。
ここで、ラジカセの音だけを聞いてストップウォッチをスタート。次に、ラジカセの音が聞こえないように別の部屋に移動して、今度は携帯電話の音だけを聞いてストップウォッチを止める。整数部分を切り捨てれば、遅れが何秒か、分かる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。