bit

「怖すぎる」と話題! シオノギ製薬のあのCM

作曲もボーカルも日本人だったのですね……。

それにしても、なぜこんな恐ろしいCMを作ったのか。コンセプトやきっかけを聞くと、こんな回答をくれた。
「動脈硬化は自覚症状のないまま進行するために、不幸にして治療を受けられずに亡くなるケースが多発しています。日本では、4人に1人が心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患で亡くなるといわれています。しかし、動脈硬化の危険因子である『脂質異常症』が疑われる約4000万人のうち、実際に治療を受けている患者さんは1/3程度といわれています。今回のキャンペーンは、自分では気づけない動脈硬化性疾患の危険性とその予防のためのコレステロール値の管理の重要性(LDL-Cを下げること、HDL-Cを上げること、そのバランスも大切)を広く知っていただき、治療が必要な患者様に適切な治療を受けていただくことを目的としています」

TVCMに登場する男性の背中には、血管のイラストの貼紙で動脈硬化の進行の様子をあらわしている。これは、
「事前の調査の結果、脂質異常症であるにもかかわらず受診されていない方の多くが『自分だけは大丈夫』と思っていらっしゃることから、『動脈硬化は自分で気づけない』というコピーを用いて、動脈硬化が他人事ではなく自分にも危険性があることを認識していただくためのストーリーと描写を用いています」とのこと。

意味を知ってから聞いてもなお怖すぎる、このCM。あまりの怖さに、入り口で拒否してしまい、CMの意図・目的にたどり着けない人もいそうだけれど、注意を喚起するという意味では「怖さ」も必要なようです。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

  • 「あなたとコンビに~♪」のバリエーションの件

    「あなたとコンビに~♪」のバリエーションの件

  • コネタの記事をもっと見る 2010年10月8日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース