bit

傷ついたのは誰の心―ある日の『サザエさん』

傷ついたのは誰の心―ある日の『サザエさん』
しょぼ〜〜ん。
10月24日放送分の『サザエさん』で、ちょっと気になる話があった。

「フィクションなんだから」というツッコミはさておき、おおまかな流れは……
マスオさんが家でバイオリンを「ギーコギーコ」と弾いていると、そのあまりのひどい音に、波平がカツオのイタズラと決めつけて「コラ!」と怒鳴りに来る。だが、カツオは何もしていない。マスオも自分のバイオリンのせいとは思わず、「また、カツオくん何かやったのかな?」と能天気。

これを見て思い出したのは、昔、深く考えさせられた筒井康隆の短編集『笑うな』内の『傷ついたのは誰の心』である。
それは、主人公が家に帰ると、警官が妻を犯していて……という内容で、加害者のはずの警官と、被害者の妻の夫とが、言葉のやりとりで互いに傷ついていくクレイジーで残酷な展開、不条理な「愛」のかたちに、圧倒されたものだった。
ある人の境遇や言動・心境は、別の角度から見ればまた違ってくるということは、多々あるもの。
サザエさんの話で置き換えて考えてみよう。傷ついたのは誰の心か。

「何かあるたびになんでもカツオのせいにされて、カツオが可哀想!」と思うのが普通だろう。実際、いつも叱られてばかりのカツオについて以前、新聞で「カツオを叱りすぎでは」という投書が掲載されたこともあるし、ネット上では「オレがカツオだったらグレる」なんて声もある。
だが、これも別の角度から見ると、不条理に叱られ慣れているカツオは、すでに「大人」の面があり、そこに救われた波平の「なんでワシはカツオばかり叱ってしまうのじゃろう」という自責の念のほうが、より傷ついていると言えるかもしれない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月31日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。