bit

“縄文”をモチーフにしたTシャツたち

“縄文”をモチーフにしたTシャツたち
『JOMO-T展 縄文×Tシャツアート展』。Tシャツにふくらみをもたせて、風船で浮かせていたり、土嚢の上に飾ったりと、展示の見せ方にも注目。アナタのお気に入り“縄文Tシャツ”が見つかるかも!?
いま、“縄文”が脚光を浴びている!? ラフォーレミュージアム原宿にて26日より開催中の『JOMO-T展 縄文×Tシャツアート展』

主催は、日本最大級の縄文集落跡「三内丸山遺跡」をはじめとした、縄文遺跡群の世界遺産登録をめざしている青森県。企画・制作を手がけたのは「jomonism」。同団体は、アーティスト・クリエーターが中心となり、日本人のルーツともいえる縄文の文化や失われつつある価値観をアートで発信していこうと、日々活動を行っている。

本展では、「Feel the roots,… 誰もが心の中にもつ縄文エネルギーをTシャツにぶつけよう!」というメッセージのもと、60名を越えるゲストアーティストが、それぞれイメージする“縄文”をTシャツのデザインに表現。本展では、これら“縄文Tシャツ”たちがお披露目されている。

これらTシャツを手がけた参加メンバーがすごい。浅野忠信をはじめとして、ラーメンズの片桐仁、THE ALFEEの坂崎幸之助、日比野克彦、田口ランディ、萩尾望都……と、俳優から漫画家までジャンルがなんとも幅広い。

また、全国から一般募集したアーティストの作品88点の中から、イラストレーターのみうらじゅんら審査員から選ばれた受賞作品7点、さらには、「jomonism」のメンバーが手がけた、各地の考古博物館の土器・土偶をデザイン化したTシャツ21点も展示されている。

実際に見にいってきたのだが、デザインはイラストや写真、コトバであったりと、表現方法が実にさまざま。題材もまた、土偶や土器、縄文文様、装身具、三内丸山遺跡のシンボルである「六本柱」など、バラエティに富んでいた。でも、同じ題材を扱っているものでも、その完成Tシャツはまったく異なっていたりと、見ていてとても楽しかった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月29日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。