顎関節症になったことありますか?

顎関節症とは、あごの関節周辺の異常で「あごがカクカク鳴る」「口を開けづらい」などが主な症状の疾患で、20代、30代の女性に多いのだという。私は10数年前から「あごがカクカク鳴る」症状があったのだが、日常生活に支障をきたすほどでもないので特に気にしないで過ごし てきた。
ところが先日の朝、目覚めて口を開けようした瞬間、顎に激痛が走った。朝食のトーストを食べようとしても口が開かない、噛めない。これは異常事態だと、すぐに大学病院の歯科口腔外科へ駆け込んだ。

診察で最初に聞かれたのは「何か堅いもの食べましたか?」
そういえば昨夜、大好物の鮭とば(鮭のジャーキーのようなもの)を齧ってたっけ。
先生は「あ~、それだわ」と呆れ顔。「あなたみたいな人にスルメとか堅いものは言語道断!」
私は鮭とばやスルメなど顎が痛くなるほど堅いものが大好きなのだが、それが顎関節症を悪化させたとは……トホホ。

「ではこれから治療しますから、ちょっと待っててください」と、席を立つ先生。こういった治療って、ずれた顎を手で無理矢理ゴキッと戻すんだろうか。ものすごく痛そう、怖い! と診察台の上で震える私。
戻ってきた先生が手にしていたのはなぜか、割り箸。ええっ、割り箸使って何するんですか!?

「これで口が開くようになるから」
先生は二本の割り箸を私の口の両側の奥歯のあたりまで突っ込んだ。そして唇が裂けるかと思うほど目一杯口を広げる。あまりの痛さに涙目になる私。そして「思い切り噛んで」「開けて」の繰り返し。