bit

青ジソなのに、なぜ「大葉」?

青ジソなのに、なぜ「大葉」?
店頭ではだいたい「大葉」です。
昔スーパーで、青ジソが見つからなくて困ったことがある。
野菜売り場のどこを探しても、青ジソが見当たらない。ウリふたつの「大葉」って野菜はあるんだけど、青ジソとは書かれていない。
そのとき初めて、大葉は青ジソと同じものだってことを知った。

でもなぜ、そんなややこしい書き方をしてるんだろう。普通に「青ジソ」って書けばいいのに……青ジソは通称で、大葉が本来の名前ってことなんだろうか?

青ジソを大葉と呼んでいる理由を、大葉生産量の全国シェア50%を超える東三河(愛知県東部)にある、豊橋温室園芸農業協同組合に聞いた。
「昔、青ジソを販売するにあたって、シソの“芽”と“葉”の区別が必要となり、葉が“大葉”と名付けられ、その呼び方が現在も続いているんです。詳しい経緯は分かりませんが、青ジソの葉を商品化するとき、“大葉”という商品名をつけましょうと、当時の方が考えたようです」

えっ、「大葉」って商品名だったの!? 昔からありそうな名前なのに。

文献によると、シソは日本で最も古くからある野菜の一つとされる。約2500年前(縄文時代)の貝塚や遺跡から、シソの種が見つかっているほど。奈良時代以降に栽培が始められたとされ、普通に食べるだけじゃなく、薬としても重宝されてきた。

また青ジソは、比較的栽培しやすい野菜として、各家庭でも比較的簡単に育てられてきた。しかも一回種をまくと、次の年からはこぼれた種から芽が出て、勝手に生えてくれたりもする。そんなこともあってか、昔は売られていることが少なかった。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年11月20日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース