bit

裸眼3Dモニターの良い点、悪い点って?

裸眼3Dモニターの良い点、悪い点って?
Directional Backlight方式を採用したナナオの3Dモニター『DuraVision FDF2301-3D』。2011年度上期に産業市場向けとして発売を予定。卓上型の裸眼3D液晶モニターでは、23型でフルHDの高精細表示が可能な世界初の製品だという。
3D映像の第二の道。それは従来のメガネを使用するのではなく、裸眼で3Dを表示しようというもの。ディスプレー関連の各展示会などですでにお披露目されており、製品化も一部されているが、まだ一般にはあまり馴染みがない。そこで、独自の裸眼3Dモニターを2011年度上期に産業市場向けとして発売を予定しているメーカーのナナオに、裸眼3Dの現状の長短所について聞いてみた。

「メガネをかけて3D映像を観るのは煩わしい、裸眼で観たい」というのは多くのユーザーの本音であろう。そのようなニーズに各メーカーが取り組んでおり、様々な裸眼3Dモニターが発表されている。以前、コネタでも「ディスプレイ展で大注目 裸眼で3D映像」で取り上げている。だが、いくつか問題点を抱えているようだ。

従来の裸眼3D方式は左右の目に異なった映像を見せるために、画面にバリアやレンズを設置するのだが、それがために「モワレや縞目の発生」といった画像劣化や、一定の角度で表示画像が反転して見える(逆視)といった現象が起こってしまうという。

さらに、3Dの所以たる奥行き方向(立体)の再現力も劣化する。3Dモニターは画面の横方向の解像度を「右目用の画像」と「左目用の画像」に振り分けて表示するのだが、その結果、フルHD(横1920画素)でも実際には横960画素以下の映像しか表示できないからだ。これは裸眼3D式だけでなく、メガネ式にも当てはまる。

一方、Directional Backlight方式を採用したナナオの『DuraVision FDF2301-3D』では、「モワレ、縞目、逆視」といった画像劣化は発生しない。また、同方式は、裸眼3D画像を構成する視差画像(右目用の表示と左目用の表示)を同じ画素から120分の1秒の時間差で表示することで3D映像を映し出す。なので、

あわせて読みたい

  • 3Dで沖縄の魚たちが観られる水族館

    3Dで沖縄の魚たちが観られる水族館

  • あなたのパソコンを3D化するための値段

    あなたのパソコンを3D化するための値段

  • 自分でPC組み立て、性能を上げるイベントに行ってきた

    自分でPC組み立て、性能を上げるイベントに行ってきた

  • コネタの記事をもっと見る 2010年12月12日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら