やられた。キュンキュンした。
今週号の週刊少年ジャンプ(2011年10号)に載っていた、福島鉄平先生の読み切り「月・水・金はスイミング」がスゴかった。

タイトルのとおり、スイミングスクールが題材のショートストーリー。スイミングスクールに通う千葉オサムくんは、同じ中学・同じスクールに通う有川マドカさんのことがちょっと気になっていたーーというお話。一応、恋愛マンガだけど、主人公とヒロインの関係は最後までほぼ平行線、会話のやりとりもほとんどない。

だけど、だけど……!
これがものすごくキュンキュンするんですよ!

実は僕も、小学校時代はオサムくんと同じ「スイミングっ子」だった。
スクールの送迎バスが来るのは17時25分ごろ。バスの時間はけっこうまちまちなので、20分くらいには家の前に出てた方がいい。大好きなロボットアニメの再放送を、いつもいいところで切らなきゃならないのがもどかしかった。
バスは途中で何人かの子供を拾いながら、だいたい30分くらいかけて川向こうのスクールへ向かう。乗ってしばらくは一人だけど、15分くらいすると仲良しのYくんが乗ってくるので、話し相手ができて嬉しい。スクールが終わると、バスは子供たちを乗せてまた川を渡っていく。行きのルートをそのまま逆戻りするので、帰りはYくんが先に降りる。そんな生活が6年間続いた。

「月・水・金はスイミング」でも、スクールへ向かう送迎バスの場面が何度も出てくる。オサムくんがバスに乗っていると、途中でマドカさんが乗ってくる。帰りはマドカさんの方が先に降りる。