最近、料理番組や料理雑誌などでよく見かける「干し野菜」。2~3時間とか半日、太陽に当てるだけで生で食べるよりグンとおいしく歯ごたえもよくなるとのことで、気になっているという人も多いのでは? 保存も可能になるので、食べ切れずに余った野菜の活用法としてもよさそうー。もやしやレタスなど水分の多いもの以外はどんな野菜でもOKとのことだが、とりあえず初心者にも簡単そうな「大根」と「にんじん」で試してみることに。

なんと太陽に干すだけで、大根はカルシウムやカリウムが、にんじんはβカロチンなどの栄養素もアップするという。しかも、大根などは辛味成分が酵素の働きで甘くなり、たとえば煮物などにしてもまろやかに仕上がるとか……。昔から切り干し大根などはあるけれど、自家製だとあえてセミドライにするなど、好みの歯ごたえにできるのも魅力という。

実は昨年初夏にドライトマト作りに挑戦したことがあったのだが、みごとカビを生やしてしまった経験ありの私。直射日光が厳しい夏の方が干し野菜作りにはいいのでは? 思っていたのだが、実は空気が乾燥してよく晴れた冬の方がうまくいくらしい。

と、長い前置きになったけれど、腕まくりをしてさっそく作業スタート!! と言っても、手順は大根とにんじんの皮をむき、好みの厚さにスライスしてざるに並べて日なたに干す……たったこれだけ。薄くしたほうが早く乾燥するだろうと、紙のようにうすーくしてみた。で、まる一日干してみたところ、水分が抜けてカラカラになった「干し大根」&「干しにんじん」がぶじ完成~!