bit

ドイツ式、縁起の良いコト、悪いコト

ドイツ式、縁起の良いコト、悪いコト
ドイツの店頭を飾る「幸せのブタちゃん」です。
「縁起が良くないこと」や「避けるべきこと」を、ドイツでもしばしば耳にします。最も有名なのは、毎年ほぼ1.7回の確率で訪れるという「13日の金曜日」でしょう。

13日の金曜日以外にも、タブー視されることがいくつか存在します。
よく耳にするのは、お祝いごとを事前に祝福してはならぬこと。例えば、「あさって、誕生日だったよね? 明日から出張で電話できないから、今日のうちにお祝いしておくよ!」なんていう電話はもってのほか。誕生日以前にお祝いしてしまうくらいなら、出張から戻った後、一週間遅れでお祝いする方が、二人の友情は長続きするはずです。

台所仕事の最中に大切なお皿を割ってしまった? 大変なことをしでかしてしまったようで気分が沈みがちですが、これがドイツであれば、ラッキー、ラッキー! 主に北ドイツの結婚式には、ポルターアーベントという、陶器や磁器を割る儀式があるくらい、割れた陶磁器は幸せのシンボルなのですから(ちなみに、割れて散乱した陶磁器を片付けるのは、新郎新婦の共同作業)。
但し、割る対象物にはくれぐれもご注意を。幸せのシンボルであるガラス製品を割らないのはもちろんのこと、ましてや鏡を割ってしまうと、「この先7年はツキが無い」という言い伝えがあります。

さてここで、食事を楽しんだ二組の夫婦が、別れ際に握手をしている場面を想像してみて下さい。握手をしている四人の腕が、中央で十字(十字架)を成してしまうのは、縁起が悪いこととされます。つまり、複数の人が同時に握手をする場合は、お互いの腕が交差せぬよう、いちいち立ち位置を変えて握手をし直す必要があるわけです。

あわせて読みたい

  • 誰もがすんなりピカピカの一年生、というわけではないドイツ

    誰もがすんなりピカピカの一年生、というわけではないドイツ

  • 今年は13日の金曜日の当たり年?

    今年は13日の金曜日の当たり年?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年2月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース