bit

東京マラソンの「収容バス」に収容されたら?

明日2月27日に開催される、東京マラソン2011。約3万6千人のランナーが参加するこの大会で、50台のはとバスが、ランナーたちを“収容”するのをご存知だろうか。

このバスは「収容バス」といって、ケガや体調不良、制限時間切れのランナーを収容していくもの。関門で待機していたり、ランナーの最後尾からじわじわと追いかける、頼もしくもあり脅威でもある存在だ。
この収容バス、乗るチャンス……というかピンチはそうそうないから、中の様子は、ランナーでもあまり分かっていない。

そこで、収容されると一体どんな扱いを受けるのか、東京マラソン財団広報渉外部に話を伺った。
「医師や看護師は乗車しておりませんが、収容された方が安心してフィニッシュ地点まで輸送されるよう、医療系の勉強をしている学生ボランティアが乗車します。また関門にて毛布、水、アミノバリューなどを配布し、バスの中に持ち込んでいただいています」

中の様子として、東京マラソンの中継がテレビに映ってるとか、何か特徴は?
「そうしたことは特にありませんが、大型観光バスなので乗り心地は良いです」
ただし車内にいるのは、リタイアした他人同士。乗り心地は良くても居心地が……。

そうしてランナーを乗せた収容バスは、フィニッシュ地点の東京ビッグサイトにある、手荷物返却所近くまで移動。バスから降りると、体調に応じて付き添いや車いすを用意してもらえる。そこからは、完走したランナーたちと合流。スタート前に預けた手荷物を受け取り、更衣スペースで着替えて帰路につく。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク