bit

昭和初期の子供の趣味とは??

以前紹介した、戦前の小学生向けの冊子『小学生全集』。

実に85巻まで刊行されていたらしい壮大な全集で、前回はその中から「昭和初期のなぞかけを読み解く」といった内容で、おもに子供の遊びについて解説された「面白文庫」という巻を紹介したが、今回は、その第85巻「小学趣味読本」(昭和4年刊)を、古書店で入手した。

タイトル通り、小学生に向けた趣味のハウトゥ本なのだが、当時の児童界では、どんな趣味をたしなむことがイケてるとされていたのだろうか。

まず冒頭で紹介されている趣味は、「花言葉の話」。なるほど定番だが、気のきいた花言葉を2つ3つ知っていれば、なかなかイカした小学生かもしれない。
<明治の末から大正の時代へかけて、盛に用ひられるやうになり、現在では社會的儀禮の一つとして数へられてゐます>(引用原文ママ)んだそうで、たとえば病気にかかった友達に送ったりすると効果的だという。
<おゝ、それは何といふ嬉しい友の情でせう! そしてまた、何といふ優しい花の囁きなんでせう!>と、解説文も、かなり興奮ぎみだが、ダリヤは「氣の變りやすい」、水仙には「冷淡」「不人情」、赤いヒヤシンスには「悪ふざけ」という意味があるらしいから、気をつけて。

他に紹介されている趣味には、「刺繍」「写生」「編物」などおなじみのものがある一方で、「唱歌」「俳句」「和歌」など、今の小学生からしたらかなり渋めのものも紹介されている。綺麗な情景を見て、一句詠む。ある意味ステキな小学生ではある。ただし、<自分の力量を考へずに、たヾ上手な歌を作らうとしたところで、その結果は無駄骨にをはることは、明かです>から、そこは注意したい。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。