bit

ランナーは右側通行? 左側通行?

今年も東京マラソンが終わった。市民ランナーの3位入賞は素晴らしかった。走るのはもうたくさんと思った人、もっと練習しようと思った人、参加者の感想はこもごもだろう。

ところで、ふだん道路を走る時、ランナーは左側を走るべきなのか、右側を走るべきなのか。昔、学校のマラソンの授業では「道路の左端を走るように」と言われた。路上で見かけるランナーも左側を走っていることが多い。でも、道路交通法上、ランナーは歩行者。だから右側通行のはず。ネットで検索してみると、同じ疑問を持つ人が結構いた。どっちが正しいのだろう。

まず、ちょっと整理しておく。きちんとした歩道を歩行者が通る場合、法律上、右側通行、左側通行のどちらもOK。だから、ランナーもどっち側を走ってもいい。以前のコネタにあった「皇居の左側通行」は、歩道内で、さらにその左側に寄って走ろうというルールだ。

問題は、車道と歩道の区別がないか、あっても「こんなの歩けないじゃん」というぐらい、歩道が細い場合。法律上は基本的に「右側通行」だが、周囲のランナーに聞いてみると「何となく左側を走っている」という声が多かった。さて、どちらが正しいのか。

あるランニングの専門書には「歩道のない舗装道路は、排水のため端が斜めになっている。同じ側ばかり走ると同じ足に負担がかかるから、コースをよく選んで。車には十分注意して」と、はっきりしない。ランナーを応援するある会社に問い合わせてみても「お答えしかねます」と冷たい回答。深まる謎。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク