review

ナマズをこらしめろ! 江戸時代大震災直後にあった「鯰絵」ブーム

ナマズをこらしめろ! 江戸時代大震災直後にあった「鯰絵」ブーム
鯰絵の例。地震の守り神、鹿島神宮の神が「要石(かなめいし)」を使ってナマズを鎮める絵柄がスタンダードな作品だ。
東京都文京区にある「印刷博物館」で現在「鯰絵の世界」という展示がおこなわれている。「鯰絵」というのは文字通りナマズが描かれた絵だ。

安政2(1855)年、江戸一帯を大地震が襲った。夜間、推定マグニチュード6.9といわれる大きな地震が起こり、家屋倒壊や長引く火災によって1万人以上が亡くなったのではないかと考えられている。鯰絵は地震直後に大量に発行された多色刷り版画で、地の底で地震を起こすと迷信で言われていたナマズを、地震の守り神である「鹿島大明神」がこらしめるような絵などが描かれている。

この鯰絵登場したのは地震の翌日だというからビックリ。一気に民衆の間で大ブームになって、色々なバリエーションが登場した。200種類以上が2ヶ月間の間に発行され、飛ぶように売れたという、ちょっと今からでは考えられない状況だ。2ヶ月経って幕府が取り締まり、発行禁止処分となり、ブームは一瞬で終わった。当時浮世絵などの多色刷り版画には幕府の検閲を通って「極め印」と呼ばれる印がなければ流通できないシステムだったのだが、鯰絵はどれもこれも無許可だったのだ。

鯰絵は最初、前述したとおり「ナマズをこらしめる」系の絵柄に「こんな地震は二度と起きるなよ!」みたいな文章が添えられ、ナマズが「マジ反省してます」みたいな絵の物が多いのだが、しだいに変種が展開していく。

当時の日本はペリー来航(1853年)直後、社会情勢が急激に変化し、社会全体に不安が漂っていた事もあって地震を「世直し」、つまり新しい時代へのリセットであるという解釈をした鯰絵が登場した。ナマズが壊れた家屋から人を助け出している絵であったり、ナマズがヒーローとして描かれている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年4月1日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース