review

プレイ開始から100時間で迫られる決断。RPG「ニーア」の残酷

プレイ開始から100時間で迫られる決断。RPG「ニーア」の残酷
(PS3版、360版パッケージ)<br />PS3版は「ニーア レプリカント」、Xbox 360版は「ニーア ゲシュタルト」というタイトルでそれぞれ発売中(主人公が「レプリカント」では兄、「ゲシュタルト」では父という立場の違いはあるものの、基本的なゲームシステム・ストーリーなどはほぼ同じ)。どちらも4月21日にそれぞれ廉価版(3990円)が発売予定なので、未体験の方はこの機会にぜひプレイを!<br />(c)2010 SQUARE ENIX Co.Ltd. All Rights Reserved. Developed by cavia Inc.
その日僕は、Xbox 360のコントローラを握りながら、ある決断を迫られていた。スクウェア・エニックスから発売されたアクションRPG「ニーア ゲシュタルト」で遊んでいた時のことだ。

この先、ストーリーの核心について触れるのは避けるけれど、僕は「ニーア」に仕掛けられた、ある「前代未聞の仕掛け」について語ります。もう1年も前のゲームとは言え、少しでもネタバレはイヤだ! という人はご注意ください。





























ーーでは、続きです。

その時、僕に突きつけられた選択肢は、次のようなものだった。

「この選択肢を選ぶと、全ての●●●●●●が●●されます。本当に、よろしいですか?」

べつにメモリーカードの容量が足りなくなったわけでもないし、何か手違いでデータが壊れちゃったわけでもない。実際ゲームの中にそういう選択肢が出てくるのだ。それもよりによって物語の終盤、とんでもないところで!

その時点で、プレイ時間は100時間超。全パターンのエンディングを制覇するため、ゲームは3周目に突入していた。もし僕がここで「はい」を押せば、それまでコツコツと積み重ねてきた100時間超が一瞬で水泡に帰すことになる。最初は悪趣味なジョークかと思ったけど、どうやら本気らしい。

それがどんな場面で、どういう経緯で出てきたのかは伏せるけれど、少なくともその選択肢はちゃんとストーリー上意味があるものだった。むしろあらためて振り返ってみると、これまで僕が遊んできた100時間超はすべて、このシーンへの伏線だったようにも思える。だとしたら、ひどい。このゲームの開発者は本当にひどい!

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。