review

パンダが動物園に来る理由

パンダが動物園に来る理由
『パンダ外交』家永真幸/メディアファクトリー新書<br />清朝から中華民国、そして戦後の中華人民共和国と、歴代の中国政府がいかに国際社会に認められるためパンダを利用してきたかがくわしくわかる好著。東映の長編アニメーション映画『白蛇伝』(1958年)にパンダが登場して人気を博したことなど、日本のサブカルチャーとパンダの関係に触れているも面白い。著者は中国近現代史を専門とする新進気鋭の歴史学者で、本書の内容は目下執筆中の博士論文の一部分になる予定だという。
この2月に中国から東京の上野動物園にやって来た雄と雌のジャイアントパンダ「リーリー」と「シンシン」が、4月1日、東日本大震災の影響で予定より10日遅れで公開された。2008年に雄パンダの「リンリン」が死んで以来、上野では3年ぶりにパンダが復活したこの日、開園前から正門前に2000人が行列をつくるほどの盛況ぶりだった。日本では現在、和歌山県のアドベンチャーワールド神戸市立王子動物園でもパンダが飼育・展示されているが、やはり上野動物園のパンダには特別の意味合いがあるようだ。

パンダ公開を前に刊行された家永真幸『パンダ外交』(メディアファクトリー新書)という本は、若手歴史学者が膨大な文献をもとに、19世紀後半の中国・四川でのフランス人宣教師によるパンダの「発見」に始まり、歴代の中国政府がいわゆる「パンダ外交」をいかに形成していったのかをたどった力作である。

同書によると中国政府が初めて外交目的にパンダを利用したのは1941年、日中戦争のさなかだったという。蒋介石率いる国民党政府は、当時の中華民国の首都・南京を日本軍に攻略され、本拠地を四川に移していた。これと相前後して、アメリカやヨーロッパでは1930年代に続々とパンダが持ち込まれ、人気を集めた。ニューヨークのブロンクス動物園でも2頭のパンダが飼育・展示されていたが、1940年から翌41年にかけてあいついで死亡、そこへ中国は新たにパンダのペアを贈呈したのである。そこには、アメリカ社会から共感を引き出し、日本軍との戦いを支援してもらおうという、当時の中国政府の思惑が込められていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。