中学のときに愛用していたTシャツがあるのだが、それにはデカデカと「LOSER」とプリントされていた。当時は意味もわからず着倒していたが、日本語で「敗者」の意味だと知ったのは数年後のこと。何とも、ゲンの悪い……。

このようにTシャツにメッセージや意味を含ませることは珍しくないが、時事ネタを速攻でデザインに盛り込んで発表し、人気を博しているブランド「スモールデザイン」のコレクションがどうにも面白い。

同ブランドのTシャツたち、そのデザインに反映されているナイフのように尖った批判精神がキモチいいのだ。
たとえば、テストを受けている学生のイラストの上に「KYOTO CUNNING UNIVERSITY」の文字をプリントしたTシャツ。言うまでもなく、“京都大学カンニング事件”を題材にしたものである。
他にも、タイガーマスクが高々とランドセルを掲げたデザインだったり、大相撲の力士の顔の頭上に「八百長くん」の文字をプリントしていたり……。なんとも、痛烈な批判精神。

そこで、デザイナーである菊竹進さんに話を伺ってみた。このような制作活動を始めたきっかけは?
「ブランドを立ち上げたのは2004年なんですが、それ以前より美術活動を行っており、当時の作品にもやはり社会風刺を盛り込んでいました。それらは美術展で入賞もしていたのですが、美術作品は制作費がかかり活動が続けにくかったんです」
ちなみに賞レースで評価を受けた作品の1つが、女子高生のマネキンにドーム型のオブジェをくっつけて、上下左右に監視カメラを取り付けたもの。何とも大胆な造形であるが、これは当時「ロンドンの街中を一日歩くと、監視カメラに300回記録される」という報道を目にした菊竹さんがインスピレーションを受けて完成させたもの。