bit

下痢止めを使って良い下痢・そうでない下痢

下痢止めを使って良い下痢・そうでない下痢
飲むか飲まぬか、悩むところ……。
「下痢は体の中にある細菌を出す行為だから、下痢止めで止めてはいけない」というのが、近年では「常識」として知られるようになった。
だが、こうなると、「下痢止め」のクスリという存在が、そもそも不要なんじゃないかとも思えてくる。

「下痢止めを使って良い下痢」と「下痢止めを使わないほうが良い下痢」とは、どう違うのか。
『ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99』(祥伝社黄金文庫)著者で、医療法人社団池谷医院院長の池谷敏郎先生に聞いた。

「下痢を止めてはいけないのは、ウィルスや細菌の感染が下痢の原因となっている場合。原因となるウィルスや菌を便と一緒に体外に出そうとしているのに、それを止めてしまうと、よけい具合が悪くなってしまうのです」
これは近年、よく言われるようになった下痢に関する常識。では逆に、「止めても良い下痢」はあるのだろうか。
「いわゆる『下痢止め』を使っても良い下痢は、冷えによる下痢や、一時的精神的ストレスや睡眠不足などによる下痢、過敏性腸症候群など、『非感染性の下痢』ですね」

下痢止めを使って良い場合と、使わないほうが良い場合と、どこで見分けるかというと……。
「感染性の下痢の場合は、糞便中に細菌やウィルスが含まれていますので、その場合は、下痢止めの使用は控えましょう。逆に、明らかにストレスがあったり、慢性的な下痢であったり、過去に同じような症状が何度も繰り返されているときは、『非感染性の下痢』ですので、下痢止めを使っても良いかと思います。過敏性腸症候群の場合は、市販薬には男女ともに使えるものがありますが、医療機関のみで出される特効薬(イリボー)は男性のみの保険適応となっています」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月19日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。