国産初の連続テレビアニメといえば、手塚治虫の虫プロダクションが制作した「鉄腕アトム」(放映開始は1963年の元日)だ。そこに登場するアトムの “足音”を、編集者の赤田祐一(「Quick Japan」の創刊編集長でやんす)は、《白黒テレビアニメで食い入るようにして見た“科学の子”アトムがリノリウムの床を歩くたびにたてるあの「キュッ! キュッ!」という音の愛らしさ》(「季刊MOMO」No.6、1986年)と表現した。ただ、いまあらためてアトムの足音を聞いてみると、「キュッ! キュッ!」に加えて「ピョコ!」という要素も入っているような気がする。いずれにせよ、こんな音はその当時、誰も聞いたことのないものだったに違いない。

この足音をはじめ、アニメ版「鉄腕アトム」の音響を手がけたのは大野松雄という人物である。まもなく公開される映画「アトムの足音が聞こえる」(5月21日より東京・渋谷のユーロスペースにてレイトショー開始。以後、全国の劇場で順次公開予定)は、大野の足跡をたどったドキュメンタリーだ。監督が「パビリオン山椒魚」「パンドラの匣」などの劇映画で知られる冨永昌敬というのも、何だか異色である。

「アトムの足音が聞こえる」の前半では、大野松雄とともに仕事をした人たちの証言によって彼の業績が振り返られる。大野は劇団・文学座の演出部からすぐにNHKの効果団に移り、効果音の仕事を手がけたもののいずれも長続きせず、1953年にはフリーになる。このころ彼が夢中になっていたのが、まだ誕生まもなかった電子音楽だ。その影響から以来、彼はさまざまな映像の効果音を手がけながら、新しい音づくりをめざすことになる。