review

ロケットおっぱいの語源!?「新宿鮫」パワーアップの十作目!

新宿鮫こと鮫島警部が初登場したのは、新宿の「その筋では有名な」サウナだった。
これ、みんなが忘れている事実。鮫島が所属する新宿署ではなく、別の所轄から来た警察官が、若い男にむりやり言うことをきかせようとしていた(やーね)。そこに現れ、男の窮地を救ってやったのが、最初の登場だったのである。
鮫島の外観は、こんな感じに描写されている。
――三十六の鮫島は、実際の年より十近く若く見える。理由は、後頭部からえりあしの少し下にまでかかる長いうしろ髪だ。体にも贅肉が少なく、ほっそりとした印象を与える。ほぼ毎日、ジョギングをつづけている成果だが、決して貧弱な体つきをしているわけではない。
その警察官にしてみれば、若く見える相手を舐めてかかったら、実は自分以上に危険な男だったというわけだ。こうして鮫島は、読者の前に姿を現した。1990年に発表されたシリーズ第1作『新宿鮫』のことである。作者の大沢在昌にとってはこれが出世作となった。吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞を受賞、4年後に発表したシリーズ第4作『無間人形 新宿鮫V』では直木賞も獲得した。大沢在昌を名実ともに人気作家の座へと押し上げた、記念すべきシリーズなのだ。

このたび刊行された『絆回廊 新宿鮫X』はシリーズ10作目という節目の作品である。ある密売人を鮫島が呼びとめ、職務質問をかけるところから物語は始まる。その密売人は、見逃してもらうためにある条件を出してきた。ある男が、「警察官を殺すため」という理由で拳銃を手に入れようとし、管轄内をさまよっているというのだ。顔の広い密売人でもその男には見覚えがなく、おそらくは長い刑期を終えて出所してきたという可能性がある。警察官を狙った計画を未然に防ぐため、鮫島は捜査を開始する。その過程で、予想外の犯罪組織の存在が明るみに出るのである。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク